【ラクロス】ロッカーダッヂのやり方

今回はダッヂスキルの中からロッカーダッヂについてご紹介します。

基本のやり方

・片手でクロスを扱いゴールに向かって進んでいく
・顔と肩を進行方向と逆側に向かって振る
→ディフェンスにロールをすると思わせる
・もう一度元の進行方向に体を向けて進んでいく

注意点

・クロスを動かすのではなくクロスを持つ手の肩を振るようにする
※クロスだけを動かすとクロスが体から大きくはみ出てしまいディフェンスにチェックされてボールを失う原因になる

さらに応用する例

・ロールをするフェイクの際にディフェンスの動きをよく観察する
→ロールが有効だと判断できる場合にはそのままロールをすることもできる

今回はロッカーダッヂについて紹介しました。
裏1on1のムーブの中に是非取り入れてみてください

関連記事

  1. 持ち替え 名城大学

    【男子ラクロス基礎】持ち替え編|名城大学男子ラクロス部

  2. 【ラクロス】ビハインドパスの投げ方

  3. 【ラクロス】ボールを守るキープの極意|鈴木翔太選手

  4. 【男子ラクロス】ヘジテーションダッジ|Joe Walters

  5. 【男子ラクロス基礎】グランドボール編|名城大学男子ラクロス部

  6. 【ラクロス】ダッヂのタイミングとコースを徹底解説|石黒哲雄選手

  7. 【ラクロス】そんな所からパスがだせるの!?ショベルパス|篠原怜選手

  8. 【ラクロス】もうDFの存在は関係ない!?ビハインドパスの習得法|篠原怜選手

  9. 【ラクロス】クエスチョンマークダッヂのやり方